読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナチスクル━(゚∀゚)━!


どんな活動家かよと思いますが、自称建築家です。建築賞の審査員もされています。
ついったーランドでは、ナチスとかファシズムとか民主主義ちゃんの死亡とかの大喜利祭りと化してますねw
f:id:ninetailsfox63:20141214233241j:plain
ナチスが来るらしいので、ちゃんとお仕事に備えて資料集完備してます!ナチスになるということは、発注来るんやろ?私の備えはOKなので、300mクラスのライズを持つ世界議事堂の構造設計の仕事ください。お願いします。

図面見ても何造かさっぱり分かりませんでしたが、どうやらS造で考えていたようです。大日本帝国の末裔の私に言わせれば、そんなモンに鉄を使うから戦争に負けるのである。ちょび髭おじさんには真面目に戦争に取り組んでいただきたかった。
世界首都ゲルマニア - Wikipedia
Große Halle – Wikipedia
どいちゅ語wikiなので読めてませんが、これって地耐力の試験やってるね。ざっと計算して50t/m2の接地圧を想定してたみたい。現実的だわ。これの構造設計って終わってたはずなんだけど、ぜひとも資料を見たいものです。
Albert Speer: Architecture 1932-1942

Albert Speer: Architecture 1932-1942

去年英語版出たよ。
シュペーアさんのお孫さんだか何だかが中国でマスタープランやってるんだよね。血筋はすごいわ。

ついったーランドに入植して驚いたのが、建築家どものリベサヨ具合です。いやー、私のようなガリガリの左翼で保守左派なんて一人もいない。皆さん、公共事業反対で赤字国債反対である。お前の仕事は何だ?税金で建てる建物の設計だろうが!とツッコミを入れたいwwww
なんか、格差とかアベノミクスとかを一生懸命勤務時間中に批判ツイートを流している建築家もどきもいますが、おめーら仕事してねーだろ。その上、ピケティとかナオミ・クラインとか絶対読んでないよね。
『リベサヨにあらずんば建築家にあらず!』なんだろうねぇ。まぁ、彼らがボンクラであるほうが、構造屋としては彼らから設計料を搾取しやすいのでとってもいいんだけど。しかしまぁ、建築学科の恐るべきイデオロギの偏向である。
11月2日 新国立競技場・集団的自衛権問題を考える (東京都)
なんか、冗談かと思うタイトルですが、本人たちは真面目なんだそうです。
真面目なだけの馬鹿が増えていますね。まぁ、馬鹿は長生きできないので別にいいけど。
本当に建築家が建築しないで活動家にクラスチェンジを続ける昨今、建築家業界は確実に縮小するね。有望な若手を全部潰してくれるので私としては競争相手が減ってうれしいけどね。